Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

シンセリティーはシャドーボックスの専門店です

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   Comment: --   

ポインセチアのリース 

ニューデコパージュの制作過程 をご紹介します。

夏真っ盛りですが、もうそろそろ、制作期間もあるので、クリスマスの作品を考えている方もいるのではないでしょうか?
ニューデコパージュできれいな色のポインセチアのリースを紹介いたします。
ポインセチアのリース

ポインセチアのリース

このリースには、ポインセチアのシャドーボックス(3D)を5セット使います。
1セット(プリント5枚)ごと制作するのですが、額には入れませんので、一枚目の絵は、裏板に貼らず、アウトラインでカットします。それを土台にし、3Dを完成させます。

まず、厚紙(ダンボール紙など)をビニールの中にいれ、ビニールをピンと張り、セロハンテープで止め、裏返します。
厚紙1


この厚紙の上に3Dを作っていきます。シリコンを完全に乾かすと、完成した3Dを簡単にはがすことができます。これを5セット作ります。
厚紙2


板は、お好みの色で塗ってください。今回は、黒一色です。
絵の具を塗る前に、板にオールパーパスシーラー(定着剤)を塗るとよいでしょう。 絵の具の定着がよくなり、板のそり、われ防止になります。
絵の具は、乾かしては塗り重ねる、というのを2~3回すると、ムラがなくなります。

221、リース


注:3Dをセットする前に、①板の裏側のふちに沿って、マスキングテープを貼ります。溶剤を流したとき、下に液がたまって固まります。それを取り除くために、最初にマスキングテープを貼っておきます。
②板の裏に金具をつけます。リースの場合、板自体が薄いので、パーフェクトジェル(製品番号Q-4:接着剤、木工用ボンドでも可)で、金具を取り付けます。
この2点は3Dをセットする前に必ずしておきましょう。セットしたあとは、板を裏返して作業するのが困難です。
金具


3Dを板の上に配置して、大体のところで、あたりをつけます。
配置
分かりやすく白でしるしをつけましたが、実際は、消しやすい鉛筆や、マスキングテープ、または、針などでしるしをつけるとよいでしょう。

固まったシリコンの上に、のり程度にシリコンをのせ、リース(色を塗った板)の上にセットします。
221シリコン

3Dをセットする



キラキラ輝くラメをのせます。ここではグラマーダストという粉を使っています。
机の上に新聞紙などをひいて、その上で作業しましょう。
まず、ラメを乗せたい場所に乾くと透明になるボンドなどを塗ります。(ここではオールパーパスシーラーを筆で塗っています。)そのうえから、グラマーダストを指でつまんでふりかけます。
そのあと、板をかたむけて、トントンと床にあてると、のりの付いていない部分の粉は下に落ちます。
グラマーダストをかける

Q-1オールパーパスシーラーQ-3グラマーダスト

<左:オールパーパーパスシーラー/右:グラマーダスト>

溶剤(EVVIROTEX LITE)を流していきます。
シリコンや、ラメの部分が乾いたらまず、下準備として、オールパーパスシーラーを全体に塗ります。板、3Dの上も塗ります。これは、シリコンや手油などによる溶剤のはじき防止になります。
溶剤1

オールパーパスシーラーは牛乳パックを洗って開いたものをパレットとして代用できます。
牛乳パックを利用


ここから、溶剤を流します。が、詳しい溶剤(EVVIROTEX LITE)の使用法はこちらをご覧下さい。

溶剤(EVVIROTEX LITE)の使用法

ここで使用する溶剤(EVVIROTEX LITE)は、A液とB液があり、それらを同量よくかき混ぜて使用します。
このリースの場合、それぞれ、70ccずつ(計140cc)を使用しています。

1日(20時間ほど)乾かしたら、溶剤は固まります。
(24時間過ぎてもべたべたした状態であるなら、失敗の可能性があります
同量
よくかき混ぜるというのを守れば、失敗はほぼありません。)

↓側面から見た図です。溶剤が、下にたれて固まっています。
ニューデコパージュ側面


3Dを傷つけないよう、裏のマスキングテープをはがし、たれて固まった溶剤を取り除きます。
ニューデコパージュ裏


完成しました
ニューデコパージュのクリスマスリース完成

拡大グラマーダスト

黒地の板に、グラマーダストが星のように瞬き、とても神秘的な作品に仕上がりました。
なんといっても、このきれいな色のポインセチアが目を引きます。
221リボン

裏の金具から、ワイヤーでリボンをつるしてみました。

今回使った材料

ポインセチアのプリント(製品番号 221:5枚/500円 説明書有り):5セット
デコパージュ用板:リース(製品番号 JI-509:750円):1枚

オールパーパスシーラー(製品番号 Q-1:1120円)
グラマーダスト(製品番号 Q-3:700円)
溶剤 EVVIROTEX LITE(製品番号 Q:1700円)
など。

シンセリティー製品番号になります。

カテゴリ: 未分類

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://american3d.blog106.fc2.com/tb.php/7-3fde5dac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。